イタリア料理店 イル・ボロネーゼでお得なランチメニューを食す in サトーン

«九州台所 よかよかで新ランチメニューの黒豚丼を食す on ソイ ルアムルディ
鍋専門店 たまごの鍋奉行の牛ホルモン鍋は美味しくてお勧め in トンロー»

IL Boloonese
今回お邪魔したのは、BTS チョンノンシー駅(สถานีช่องนนทรี)から徒歩12分、サトーン(สาทร)にあるイタリア料理店

イル・ボロネーゼ


(IL Boloonese)。

明日からソンクラーンですが、ソンクラーン前日の今日は会社でお祝いのイベントがあるのでイベント事が苦手なサラパオは有給を取って会社を休んだ。

イル・ボロネーゼはBTS チョンノンシー駅から徒歩で行ける距離にあるが、ちょっと入り組んだところにあるため初めての方は迷うかも。

イル・ボロネーゼはオーナー、シェフ共にイタリア人が務める本格イタリアン料理店で現採のサラパオが日ごろ行くことはちょっと高級なイタリア料理店だが、お得なランチメニューがあると聞き食べに来た。
本当は妻と一緒に来たかったのだが、仕事があるというので1人できた。



メニュー


IL Boloonese
ランチメニュー。
席につき出されたメニューを見るとどう見てもランチメニューが無いので、店員に尋ねるとランチメニューを出してくれた。

出だしでランチメニューが無く動揺した後に出されたランチメニューだが、ぱっと見、分かりづらくてさらに若干頭がパニック状態になってしまった。
今冷静に見ると、ランチは299++、399++、499++の三種類がありスターター、メイン、ドリンク・デザートの3つのカテゴリーから好きな物を1つずつ選ぶシステム
本当はコースを選び、上から下にメニューを選ばないといけないのを、頭が混乱していたので、左から右に選ぶものと勘違いしてしまい訳が分からなくなってしまい結果として一番高い499++のコースを注文してしまった。

IL Boloonese
席につくとまずナイフ、フォーク、皿、ナプキンなどが目の前に置かれる。

飲食


IL Boloonese
お通しのパン。
水のペットボトルは50バーツ。高い。。。

IL Boloonese
スターターで選択したパルメザン・トリュフスープ(Parmesan Truffle Soup)。
メニューの見方を(横の行単位でメニューを選ぶと)勘違いして一番美味しそうなパルメザン・トリュフスープを選んでしまったのが、大失敗でこの選択により499++が確定。(自分の馬鹿さ加減が嫌になる。。。)

パルメザンチーズの味が濃厚なスープの上に高級黒トリュフが載っている贅沢な一品。
付け合わせのパンは柔らかくもちもちの食感でスープによく合う。

スープとパンを優雅にゆっくり食べたかったのだが、ピザが運ばれてきたタイミングで完食していないスープとパンを店員が断りなく下げてしまった。
正直意味が分からなくて頭の中が真っ白な状態になったが、余計ないざこざは好まないので何も言わないでいた。

IL Boloonese
マルゲリータピザ(Margherita Pizza)。
システムを理解していかったので、安くてサラパオの好物であるマルゲリータピザを選択。
今メニューをよく見るとマルゲリータピザは一番安いコースにしか書いていないメニューだし、しかもトッピングの食材を1品選べるのに注文していない。。
499++のコースを注文していると分かっていたら、他の料理注文していたのに悔し~。

店内にある石窯で高温で一気に焼かれた厚みのある生地。
生地の外はさっくり、中はもっちりした食感の本格ナポリ風ピザ。
生地に塗られた酸味がある輸入物のトマトと濃厚な味のモッツァレラチーズとの相性は抜群に良くとても美味しい。

IL Boloonese
499++のコースの中から選んだアイスコーヒー。
499++のコースならティラミスとか他にもっといいのがあるのに、自己嫌悪。。。

スマホをいじりながらアイスコーヒーをゆっくり飲んで過ごしたかったのだが、トイレに行って戻ってみると3割ほど残していたアイスコーヒーが下げられていた。。。。。

また一瞬情況を掴めず頭が真っ白になったが、飲み物も無くなりスマホだけいじるのも何なので速やかに会計を済ませて店を出た。

店内


IL Boloonese
店内に入ると、すぐ右手にある石釜。

IL Boloonese
広々とした一軒家のような作りのレストランでくつろげる空間。
入店したのは平日昼を少し過ぎたころ。
テーブルは3割程度埋まっていた。
客層は常連客らしいイタリア人や近くで働いていると思われる日本人ビジネスマンやハイソそうなタイ人など国際色豊か。

IL Boloonese
テーブルの上には注文後持ってきてくれた調味料も含め、塩・コショウ、ブラックビネガー、オリーブオイル、唐辛子入りオリーブオイル、バジル。

IL Boloonese
テラス席にも数人お客さんがいた。
たぶん喫煙席はテラス席のみだと思う。

最後に一言


度重なる無礼に対しても頭にくることはなかったが、差別ではなく店員のサービスレベルの問題であると願いたい。

ランチメニューの見方が理解できずとても非合理的な注文になったため割安感が無くなってしまったが、料理はどれもかなり美味しかった。

今回のサラパオポイントは6点。(全10点満点)
今回は店員の度重なる無礼とサラパオの注文ミスにより満足度は低いが、ランチメニューは内容をちゃんと理解して注文すれば結構お得だと思うので、いつかリベンジしたい。

バンコクでお得なランチが食べれるレストランを探している方は、こちらの記事もぜひ読んでください。

バンコクで美味しいピザを食べれるレストランを探している方は、こちらの記事もぜひ読んでください。

基本情報


イタリア料理店:イル・ボロネーゼ(IL Boloonese)
予算:400~800バーツ(昼)、1,000~2,000バーツ(夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(別)
サービス料:10%
住所:BTS チョンノンシー駅(สถานีช่องนนทรี)から徒歩12分
      139/3 South Sathorn Road Sathorn Soi 7, Thungmahamek, Sathorn, Krung Thep Maha Nakhon 10120, Thailand
駐車場:有
電話:+66 2 286 8805
営業時間:11:30 - 14:30、17:30 - 23:00
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:有
ホームページ(英語):http://www.ilbolognesebangkok.com/
FB(英語):https://www.facebook.com/trattoria.pizzeria.ilbolognese/

地図


関連記事
この記事をシェアする
お勧め記事
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org
    サラパオのツイート
    このブログをフォローする
    サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
    Instagram