アノーズ・バーガーズで乾燥熟成肉から作ったバーガーを食す on ナラーティワート・ラーチャナクリン道路

«鳥波多゛は毎日大繁盛の絶品鶏料理専門店 in スリウォン
豚骨火山らーめんで火山ラーメン和カレー仕上げを食す on スリウォン道路»

Arno's Burgers
今晩お邪魔したのは、BRT アーカーン・ソンクロ駅(สถานีอาคารสงเคราะห์)から徒歩2分、BTS チョンノンシー駅(สถานีช่องนนทรี)から徒歩17分、ナラーティワート・ラーチャナクリン道路(ถนนนราธิวาสราชนครินทร์)に店を構える

アノーズ・バーガーズ


(Arno's Burgers)。

アノーズ・バーガーズは2016年11月にオープンした予約必須の超人気ステーキハウス アノーズ ブッチャー アンド イーテリー(Steak Arno's Butcher And Eatery)が作ったハンバーガー店の1号店。
オープン後瞬く間に美味しいと話題になり、今ではソイ・トンロー(ซอย ทองหล่อ) 13とBTS プロンポン駅(สถานีพร้อมพงษ์)直結のショッピングモール エムクオーティエ(Emquartier) 7階にも支店がある。(2017年7月23日現在)

オープン当初の店名は「Arno's Burgers & Beers」だったのだが、アルコール販売のライセンスが取得できなかったため、「Arno's Burgers」に店名が変更になっていた

サラパオ達は自家用車で来たのだが、店には駐車場が無いため、店近くのソイに路上駐車した。


飲食


Arno's Burgers
フレンチフライ(French Fries) 50バーツ。
ソースはマヨネーズとケチャップ。

Arno's Burgers
トラディショナル(Traditional) 220バーツ。
ステーキハウス アノーズ ブッチャー アンド イーテリーで扱われている旨みと香りが凝縮された乾燥熟成肉から作ったパティ 200gを使用。

焼き加減、ソース、チーズ、サイドディッシュを何にするか聞かれたので次のように選択。
焼き加減:ミディアムレア
ソース:辛くない(Not SpicyとSpciyの2種類ある)
チーズ:ブルーチーズ(ブルーチーズとシャープアメリカンチーズの2種類ある)
サイドディッシュ:カリーフライ(カリーフライ、フレンチフライ、ミックスサラダの3種類ある)

カリーフライ用の肌色のソースはマクドナルドのビッグマックで使われる専用ソースのような味で美味しかった。

Arno's Burgers
ジューシーなパティ以外のハンバーガーの具材は新鮮なトマトとレタス、飴色になるまで炒められた甘みのある玉ねぎ、そしてカリカリベーコン。

パティの外側はこんがり焼きあがっているが、中は注文通りしっかりミディアムレアになっており中心部はほのかにピンク色で肉汁がほとばしる最高うまさ。

バンズはちょっと柔ら目で高品質でジューシーなパティをどっしり支えるにはアンバランスな気がする。

ブルーチーズは好みが分かれるところだろうが、サラパオはチーズの風味と味が強烈すぎてパティの味を純粋に味わえなかった。

Arno's Burgers
あまりに美味しかったハンバーガーを先に完食。
板の上にある肉汁の量がパティがいかにジューシーだったか物語っている。

サラパオが食べたトラディショナルで使われる200gのパテを2枚使ったダブル・トラディショナルもあるが、トラディショナルでも結構なボリュームがありちょうどよい量だった。

サラパオは最後まで気合いで手づかみでハンバーガーを完食したが、最後の方はパティとバンズがずれてしまい見た目が良くなかった。
上品に最後まで食べたいのであればハンバーガーと一緒に出されるナイフとフォークを使って食べた方がスマート。

Arno's Burgers
シーザーサラダ(Caesar's Salad) 95バーツ。
シーザーサラダが大好きな妻が注文。
食材はロメインレタス、漬けこまれたアーティチョーク、ベーコン、クルトン、ゆで卵、アンチョビ、薄切りパルメザンチーズ、ホームメイドシーザードレッシングとかなり本格的でとても美味しい。

Arno's Burgers
トニック(Tonic) 缶 50バーツ。
水 ボトル 20バーツ。

卓上にある調味料は塩・コショウのみ。

店内


Arno's Burgers
店内は狭くカウンター席、テーブル席それぞれ5席ほど。
カウンター席前は厨房となっており調理の様子が見える。

店外にはテラス席が数席あるので、息苦しさを感じるのであればテラス席に座るとよい。

Arno's Burgers
ガラス張りなので外の様子を見ながら食事を楽しめる。

サラパオ達が来店したのは土曜日20時ごろ。
店内は満席で客層はファランを中心とした外国人が9割、タイ人が1割だった。

メニュー


Arno's Burgers
ニュヨークスタイルバーガーセットメニュー。
メニューがいろいろあり迷ってしまうが、何を注文するかなかなか決められないのであれば、このセットメニューから選ぶのが無難。
このセットメニューにはドリンクがついていないので、必要ならベット注文が必要。

メニューはトラディショナルとダブルトラディショナルの2種類でパティが1枚か2枚かの違いのみ。

後は店員が以下の内容を聞いてくるので、答えるのみ。
焼き加減:一般的にはウェルダン、ミディアム、ミディアムレア、レアの内いずれか。
ソース:Not SpicyとSpciyの2種類の内いずれか。
チーズ:ブルーチーズとシャープアメリカンチーズの2種類の内いずれか。
サイドディッシュ:カリーフライ(カリーフライ、フレンチフライ、ミックスサラダの3種類の内いずれか。

Arno's Burgers
スペシャルバーガーセットメニューとランチセットバーガーメニュー。

スペシャルバーガーセットメニューにはラムを使ったハンバーガーもあり羊肉好きには注目のメニュー。

ランチセットバーガーメニューは17:00まで注文可能でこちらはニュヨークスタイルバーガーセットメニューにあるトラディショナルやダブルトラディショナルがソフトドリンクが付いて同じ値段。
一見お得のように見えるが、パティの量が200gから150gに減らされているので、値段的なお得感は無い。
しかしながら、200gのパティのハンバーガーはそれなりに量があるし、サラパオも含め昼からそこまでがっちり食べたくない人も多いだろうからありがたい。

Arno's Burgers
デザートメニュー、ドリンクメニュー。
アルコール飲料は無し。

最後に一言


予約必須の超人気ステーキハウス アノーズ ブッチャー アンド イーテリー(Steak Arno's Butcher And Eatery)と同系列のハンバーガー屋 アノーズ・バーガーズ如何でしたでしょうか?

サラパオはハンバーガーが好きでよく注文するのだが、パティの味は他の店のハンバーガーと比較してもダントツの美味しさ。
しかし、パティを挟むパンズがパティに対して力負けしている感じで全体のバランスはイマイチな印象。

総合的なハンバーガーの完成度はラマ6世通り ソイ 30にあるジムズ・バーガー・アンド・ビアーズの方が上。

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
ソイ・トンロー 13とBTS プロンポン駅直結のショッピングモール エムクオーティエ 7階の両支店ではアルコールが飲めると思うが、この店ではアルコールが飲めないのが残念。

今度また来る機会があれば、オプションをスパイシーソースとシャープアメリカンチーズに変更して注文したい。

基本情報


ハンバーガー屋:アノーズ・バーガーズ(Arno's Burgers)
予算:300~600バーツ(昼、夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
VAT:7%(別)
サービス料:無
住所:BRT アーカーン・ソンクロ駅(สถานีอาคารสงเคราะห์)から徒歩2分、BTS チョンノンシー駅(สถานีช่องนนทรี)から徒歩17分
      15, 104 Naradhiwat Rajanagarindra Rd, Khwaeng Thung Maha Mek, Khet Sathon, Krung Thep Maha Nakhon 10120, Thailand
駐車場:無
電話:+66 2 087 5087
営業時間:11:00 - 22:00
定休日:無
アルコール:無
ランチメニュー:有
喫煙席:無

地図


関連記事
この記事をシェアする


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


このブログをフォローする
サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
Instagram
ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
<スポンサーリンク>


お勧めのグルメ

お勧め記事

お勧めのタイ国内旅行先

お勧めの海外旅行先
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org