ブリティッシュパブ ザ・ピッグ・アンド・ホイッスル・パブ in パタヤ

«マレーズ ロッジ ホテル & レストランは欧米の朝食を食べるのにお勧め in パタヤ
ベジタリアン向けイタリア料理店 ゴビンダ on ソイ スクンビット 22»

妻の親友の家族と一緒に来たパタヤ(พัทยา)旅行2日目 その2。

The Pig And Whistle PUB
今回お邪魔したのは、ソイ パタヤ 7(ซอยพัทยา 7)に店を構えるブリティッシュパブ

ザ・ピッグ・アンド・ホイッスル・パブ


(The Pig And Whistle Pub)。

今日はクリスマス、サラパオと妻はクリスマスに特別な思い入れはないので通常特に何か変わったことをすることはないのですが、今日は妻の親友とそのスコットランド人の旦那さんと一緒のため伝統的な英式のクリスマス料理を食べることにします。


出来事


The Pig And Whistle PUB
店を訪れたのは、サラパオ、妻、妻の親友とそのスコットランド人の旦那さんの計4名で、全員クリスマスディナーセット 850バーツを注文。
スターター、メインディッシュ、デザートの構成でスターター、デザートはそろぞれ数品ある中から1品のみ選ぶが、メインディッシュはローストターキーとローストポークのみ。

The Pig And Whistle PUB
スターターでサラパオが注文したクリームマッシュルームスープ(CREAM OF MUSHROOM SOUP)。
お腹があまり空いていなかったので、スープを選択したがお腹が空いていたらチキンレバーペーストとトースト(CHICKEN LIVER PASTE AND TOAST)を選択したと思う。

The Pig And Whistle PUB
スコットランド人の旦那さんが注文したプラウンカクテル(PRAWN COCKTAIL)。
メニューの料理名を見たときどんな料理かイメージがつかなかった(海老のカクテル?)が、見た目はあまり美味しそうには見えない。
イギリスの前菜料理でレシピはエビをマヨネーズとケチャップを混ぜたソースで和えて塩・コショウで味を調えただけの単純な料理。
ベースとなるマヨネーズとケチャップの比率を2:1とのことだが、子供でも簡単に作れそう。
人によっては、ブランデー、ウスターソース、白ワイン、レモン等も入れる。

The Pig And Whistle PUB
メインディッシュのセージ(Sage)、玉ねぎを詰めたローストターキーとローストポーク。
付け合わせは、豆、バターキャロット、ローストポテト、ソーセージのベーコン巻き、クランベリーソース。
英国の伝統的なクリスマス料理とのことだが、あまり口に合わなかった。
そもそも七面鳥(ターキー)より日ごろ食べている鶏肉の方が美味しい。

The Pig And Whistle PUB
クリーム・ミンスパイ(MINCE PIE WITH CREAM)。
サラパオが注文。
ミンスパイはクリスマスに食べる菓子でドライフルーツが入っている。
口に合わなかったので、ほとんど食べれなかった。

デザートはプリンとミンスパイのどちらかを選べるのだが、プリンは調理中で注文できなかった。
ミンスパイはクリーム、カスタード、ブランデーバターの3つのソースの中から1つを選ぶ。

The Pig And Whistle PUB
カスタード・ミンスパイ(MINCE PIE WITH CUSTARD)。
妻が注文。
ソースの違いしかないが、パイ自体の味が良くないので、パイの味をごまかしやすい分、こちらのカスタードの方がいい。

The Pig And Whistle PUB
ブランデーバター・ミンスパイ(MINCE PIE WITH BRANDY BUTTER)
スコットランド人の旦那さんが注文。

The Pig And Whistle PUB
広く豪華な作りの店内。
入店したのは14:00近くだったが、満席状態。

The Pig And Whistle PUB

The Pig And Whistle PUB
壁に掛かった昔の写真や伝統的な家具や骨とう品などがある。

メニュー


The Pig And Whistle PUB
ドリンクメニュー。

最後に一言


欧米のクリスマスの伝統料理は何度か食べたことがあるが、七面鳥やデザートなど特別美味しいとは思えない。
日本のお節料理も豪華ではあるが、特別美味しくないのと同じ感じ。

今回のサラパオポイントは4点。(全10点満点)
ブリティシュパブやアイリッシュパブは酒のみをもくもくと飲むイメージがあるのであまり行くことはないが、今回の旅で欧米人のクリスマスの過ごし方を体験できたのは良かった。

基本情報


ブリティシュパブ:ザ・ピッグ・アンド・ホイッスル・パブ(The Pig And Whistle Pub)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
住所:
      217/34,soi 7,pattaya city,chonburi 20260
駐車場:無
電話:+66 38 361 315
営業時間:8:30 - 0:00
定休日:無
アルコール:有
喫煙席:無
ホームページ(英語):http://www.pigandwhistlepattaya.com/
FBファンページ(タイ語):https://www.facebook.com/Pig-Whistle-Hotel-Pub-Restaurant-Pattaya-445330758881059/

地図


関連記事
この記事をシェアする


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


このブログをフォローする
サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
Instagram
ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
<スポンサーリンク>


お勧めのグルメ

お勧め記事

お勧めのタイ国内旅行先

お勧めの海外旅行先
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org