西洋各国の代表料理が楽しめるレストラン コールズ・グリル・アンド・バー in パタヤ

«イギリス料理が食べられるレストラン ザ・デボンシャー in パタヤ
マレーズ ロッジ ホテル & レストランは欧米の朝食を食べるのにお勧め in パタヤ»

CALLS GRILL AND BAR
今回お邪魔したのは、パタヤ サイ ソン道路(Pattayasaisong Road)から見てパタヤ サイ ソン 13の右手に

コールズ・グリル・アンド・バー


(Calls Grill & Bar)。

妻の親友の家族と一緒に来たパタヤ(พัทยา)旅行初日は、ソイ・レンキー(Soi Lengkee)にあるホテル ニュー ニコム コート(New Nikom Court)にチェックイン後、同じソイにあるイギリス料理店 ザ・デボンシャー(The Devonshire)でちょっと遅い昼食を取る。

それから妻の親友のスコットランドの旦那さんの友達に会いに行きました。会いに行った友達は2名でどちらもオーストラリア人。
1人はランドリー店を経営し賃貸目的のコンドミニアムをパタヤにいくつか持っており、もう1人は結構大きなバーを経営していた。
言葉も文化も全く異なる国で、個人経営や投資をして生計を立てれる人ってほんとうにすごいと思うし尊敬する。
行動力、才能、運、全てがないとうまくいかないと思う。

コールズ・グリル・アンド・バーは2015年春にオープンしたスウェーデン人がオーナーの西洋料理店で西洋の各国代表料理が楽しめる。



今晩は12月24日、クリスマス・イヴなので、ちょっと豪勢な夜食を取ることにします。
クリスマス・イヴ(Christmas Eve)のイヴ(Eve)とは夜(Evening)のことで、クリスマス・イヴとはクリスマス前夜という意味。
キリスト教徒がなぜキリストが降誕した12月25日の前夜から祝うかというと、ユダヤ歴とそれを継承する教会歴では1日の始まりは深夜ではなく日没から始まるから。つまりキリストが降臨した日はユダヤ歴では24日の日没から25日の日没ということになる。

出来事


CALLS GRILL AND BAR
フィッシュ・アンド・チップス(Fish n Chips) 295バーツ。
妻の親友が注文。
たっぷりの油で揚げた白身魚にグリーンピースとタルタルソースがついたイギリス料理。
妻の親友は妻と同じイサーンの出身でスコットランドへ移住した後も自分でタイ料理をしょっちゅう料理してまでタイ料理以外の料理を食べない人なので、タイ料理以外の料理を注文したおはちょっと意外。
味見をさせてもらったが、普通の白身魚を揚げた想像通りの味。

CALLS GRILL AND BAR
ビーフ・ストロガノフ(Beef Stroganoff) 345バーツ。
サラパオが注文。
オーストラリア産テンダーロインの細切り、玉ねぎ、パプリカ、ヘビークリーム、そして若干のスープで煮込んだロシア料理。
付け合わせとして茹でたジャガイモかライスがつく。
クリーミーなのにほのかな酸味があってめっちゃうまい!

CALLS GRILL AND BAR
グリークサラダとフェタチーズ(Greek Salad with Feta cheese) 289バーツ。
今回のメニューの中では妻はシーザーサラダを注文すると読んだサラパオが、妻にグリークサラダをお勧めし注文。
アイスバーグレタス、オリーブ、トマト、キュウリ、玉ねぎ、フェタチーズのサラダにタジキ(Tzatziki)とトーストがつく。
タジキは濃厚なギリシャヨーグルトをベースにしたソースで、多少塩っけがあるさわやかな味で、サラダに掛けるだけでなく、トーストに塗って食べても美味しい。

CALLS GRILL AND BAR
シュニッツェル(Schnitzel) 295バーツ。
スコットランド人の旦那さんが注文。
バターと共に軽く油で揚げたパン粉をまぶした豚の腰肉のドイツ料理。
付け合わせはレッドワインソース、ポテトフライ、アンチョビ、レモン、ケイパー。
調理方法からして大体の味の想像はつくが、ドイツ料理というとソーセージ、ジャガイモ、黒ビールぐらいの知識しかないので、他の料理も興味はある。

CALLS GRILL AND BAR
赤ワインのグラス。
西洋料理を食べるとワインが飲みたくなるサラパオが注文。
味は普通。

CALLS GRILL AND BAR
クリスマスシーズンということで、店員はサンタクロースの帽子をかぶっていた。

CALLS GRILL AND BAR
店内は白を基調とした落ち着ける空間。
道路側の壁全体がガラス張りになっており、歩行者を見ながらの食事が楽しい。

メニュー


CALLS GRILL AND BAR
サラダメニュー。
結構量があるので、皆でシェアしながら食べたらよいと思う。
スターターメニューには小サイズのサラダもある。

CALLS GRILL AND BAR
アラカルトメニュー。

CALLS GRILL AND BAR
ドリンクメニュー。

最後に一言


西洋の各国の代表料理からロシア料理まで幅広くカバーしているが、メニューはかなり限定されており、どの料理もすばらしく美味しい。
オーストラリア産牛肉以外の食材は全てタイ国内の物を使っているとのことなので、シェフの腕が相当良いことが伺える。

今回のサラパオポイントは8点。(全10点満点)
リーズナブルな価格で様々な国の美味しい料理を食べられるすばらしいレストランで居心地も良かった。
今回は誰も注文しなかったが、タイ料理もある。

基本情報


西洋料理店:コールズ・グリル・アンド・バー(Calls Grill & Bar)
予算:500~1,500バーツ(夜)
クレジットカード:VISA、MasterCard(サービス料は店負担)
住所:
      216/44-45 Central shopping arcade, Pattaya, Chonburi 20260
駐車場:無
電話:+66 84 845 0464
営業時間:16:00 - 23:30
定休日:無
アルコール:有
ランチメニュー:無
喫煙席:有
ホームページ(英語):https://www.callesgrillbar.com/
日本のホームページ(日本語):
FB(英語):https://www.facebook.com/callesgrillbar/

地図


CALLS GRILL AND BAR
コールズガール・アンド・バーはパタヤ サイ ソン道路(Pattayasaisong Road)から見てパタヤ サイ ソン 13の右手にあります。
(下のグーグルマップの地図は位置がずれているか、異なる店のようなのでご来店の際は上の地図を参考にしてください)

関連記事
この記事をシェアする
お勧め記事
タイ バンコクの地図
バンコクマップ
↑画像をクリックするとサラパオがブログで紹介したバンコクのレストラン、娯楽施設、市場の場所を示したグーグルマップが起動。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org
    サラパオのツイート
    このブログをフォローする
    サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
    Instagram