マンダレーから陸路でバガン入り

«チキンが売りの西洋料理店 Piri-Piri Flaming Chicken in サイアム・パラゴン
バガン ノバ ゲストハウス in ニューバガン in ミャンマー»

ミャンマー(Myanmar)旅行1日目。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
8:40。
ドンムアン空港(ท่าอากาศยานดอนเมือง)のエアアジアのカウンターでチェックイン。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
10:20。
搭乗開始。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
飛行機まではバスで移動。


ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
10:42。
飛行機に搭乗。
搭乗率は90%程度。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
11:26。
飛行機が離陸。
機内食はネットで事前注文はしていませんでしたが、小腹が空いたので、注文。
バーツ。
コカ・コーラ 1缶 バーツ。

マンダレー国際空港で入国審査


ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
12:00。
マンダレー国際空港(Mandalay International Airport)に到着。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
入国審査待ち。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
タイ人であるサラパオの妻はミャンマー(Myanmar)入国にビザは不要ですが、日本人はミャンマー(Myanmar)入国の際にビザが必要です。
この看板を見る限り、観光ビザがない人は、マンダレー国際空港(Mandalay International Airport)でアライバルビザを取得できるようです。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
サラパオはE-ビザをタイ出国前にミャンマー E-VISA申請のホームページで取得しました。
E-VISAをオンライン申請し、クレジットカード(又はデビットカード)でオンライン決済すると、5日以内(日曜、ミャンマーの祝日除く)にPDFの承認書(APPROVED LETTER)が付いたメールが届きます。その承認書(APPROVED LETTER)を印刷し空港へ持って行くと、入国時の入国審査でビザをスタンプしてくれる仕組みです。
E-VISAの申請料は50米ドル、承認書(APPROVED LETTER)の有効期間は発行から90日以内。


ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
ミャンマー(Myanmar)では、100米ドル札の両替率が一番良く、50米ドル札、20米ドル札と金額が低くなるにつれ、両替率が悪くなります。
また同じ金額の紙幣でも、型が古かったり、汚れが酷い紙幣は両替率が悪くなったり、最悪、換金を断られる事もあります。
都市によっても両替率が異なります。大都市のヤンゴン(Yangon)は一番両替率が良いが、マンダレー(Mandolay)、バガン(Bagan)と都市の規模が小さくなるにつれ、両替率が悪くなるため、ヤンゴン(Yangon)に行く予定がある人は、ヤンゴンで両替した方が良いでしょう。


マンダレーから陸路でバガンを目指す


サラパオの計画では、マンダレー国際空港(Mandalay International Airport)で100米ドルのみチャットに両替し、マンダレー市内の両替所で残り必要な分を両替する予定でしたが、妻が、急いで来るように言うので、両替せずに、妻が呼ぶ方へ行くことに。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
話を聞くと、マンダレー国際空港(Mandalay International Airport)で知り合ったタイ人団体がチャーターした車の席に空きが2席あるので、目的地のバガンまで乗せて行ってくれるとのこと。
タイ人団体にはマンダレーからバガンのサパパオと妻の交通費として20米ドル渡しました。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
両替はそのタイ人団体の一人がマンダレー国際空港(Mandalay International Airport)で私が見た両替所の両替率で私の300米ドルとチャットを両替率100米ドル、1,173チャットで両替してくれました。ラッキー!

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
13:13。
タイ人団体は昼食をまだ食べていないということで、マンダレー国際空港(Mandalay International Airport)近くのレストランに寄ります。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
ミャンマー人を対象にした店のため、ミャンマー語のメニューしかなく、料理名はおろか値段すら分かりません。
ガイドブックのミャンマー数字の読み方の説明を読みましたが、世界で広く使われているアラビア数字と異なり、1文字が1つの数字を表しているわけでは無いため、難解です。
何を売っているのか、分からないので、麺類、チャーハン、鶏の唐揚など、ミャンマー人の運転手に頼んで注文。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
生野菜 無料。
ちょっとかじってみましたが、渋くモサモサした食感で口に合いません。
高級店以外の生野菜は危険なので、なるべく食べない方が良いです。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
野菜スープ 無料。
一口味見したら、出汁を取らずにお湯に味の素を振りかけただけのような味でした。

サラパオを除き、この無料の生野菜とスープは、誰一人、手を付けませんでした。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
鶏の唐揚。
上に乗っているには、パクチー。
骨が多く、食感もモサモサしていて、口に合いません。来るときに機内食を食べておいて本当に良かった。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
コーラ 1缶 800チャット(32バーツ)。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
お会計。
コーラ以外何がいくらしたのか分かりませんが、7名で総額17,800チャット(約540バーツ)。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
14:08。
昼食を終え、再びバガン(Bagan)を目指します。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
16:39。
今まで走行してきた舗装された道路が終わり、地面がむき出しの道路に。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
周りに何も無い荒野ですが、道路に何人か物乞いがおり、我々の車に近づいてきます。

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)

ミャンマー旅行(Traveling in Myanmar)
17:28。
目的地のバガン(Bagan)に到着。
事前に調べていた情報だと、マンダレー(Mandolay)からバガン(Bagan)への長距離バスの走行時間は7時間程度とのことでしたが、レンタカーによる走行時間は4時間と予想より早く到着できました。

バガン ノバ ゲストハウス(Bagan Nova Guest House)
今晩の宿泊地は決めていなかったので、一緒に旅行したタイ人団体が宿泊するバガン ノバ ゲストハウス(Bagan Nova Guest House)にしました。1泊30米ドル。

サラパオの当初の予定では、マンダレー(Mandolay)のバスステーションでバスチケットを購入後、繁華街で両替し喫茶店等で時間を潰したあと、バガン(Bagan)行きの夜間バスの中で眠って宿泊費を浮かすつもりでしたが、バスステーションや繁華街への移動や、時間調整等を考えると、タイ人団体の車に同乗できてラッキーでした。

サラパオが事前に調べた交通費情報は以下の通り。
マンダレー国際空港(Mandalay International Airport)からマンダレー繁華街へのタクシーでの交通費は20,000チャット(600バーツ)。
マンダレー(Mandolay)発バガン行きのバスは1名12,000チャット(360バーツ)、所要時間7時間。


イタリアン料理店 Da Ignazio

イタリアン料理店 Da Ignazio
18:35。
今晩宿泊するバガン ノバ ゲストハウス(Bagan Nova Guest House)から徒歩10分ほどの距離にあるイタリアン料理店 Da Ignazioで夜食。

イタリアン料理店 Da Ignazio
Pizza Con Cipolle。5,800チャット(174バーツ)。
食べれないほどではないですが、一般家庭で作るピザのように、特に特筆するところは無し。

イタリアン料理店 Da Ignazio
ミャンマービール(Myanmar Beer) 大瓶 3,000チャット(90バーツ)。
ドイツで行われるビールコンテストで何度も入賞するだけあり、飲みやすく喉越しさわやかで美味しかった。

イタリアン料理店 Da Ignazio
ライチジュース 250ml 缶(Lychee Can 250ml) 1,000チャット(30バーツ) 。

イタリアン料理店 Da Ignazio
食事中に停電になったため、お店の人が火が付いたローソクを持ってきてくれました。

最後に一言


今晩はもう疲れたので、バガン ノバ ゲストハウス(Bagan Nova Guest House)に戻って休みます。

今回訪れた場所の地図は、こちら

旅の続き


<<目次>>
>> 続き

<スポンサーリンク>
関連記事
この記事をシェアする


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


このブログをフォローする
サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
Instagram
ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
<スポンサーリンク>


お勧めのグルメ

お勧め記事

お勧めのタイ国内旅行先

お勧めの海外旅行先
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org