タイ語で英語レッスン 「ヌッチ先生の英語でAECを制すのページ-1」


タイ語で英語レッスン 「ヌッチ先生の英語でAECを制すのページ-2」»

ヌッチ先生の英語レッスン、記念すべき1つ目のビデオです。

ビデオタイトルは、タイ語で、
เพจภาษาอังกฤษพิชิต AEC โดยครูนุช
phêet phaasǎa aŋkhrit phíchít AEC dooi khruu nut
です。

日本語では、
ヌッチ先生の英語でAECを制すのページ
という意味になります。

「AEC」は、ASEAN Economic Communityの略で、日本語では「アセアン経済共同体」と呼ばれており、タイ人の成人であれば、ほとんどの方はご存知(のはず)です。「ASEAN」は、Association of South‐East Asian Nationsの略で、日本語では「東南アジア諸国連合」と呼ばれており、タイ国を含む東南アジア10か国の経済・社会・政治・安全保障・文化に関する地域協力機構です。


「AEC」のコンセプトを分かりやすく言えば、「ヒト・モノ・カネの動きの自由化」と言うことです。このビデオのタイトルには、今後も成長を続ける文化も言語も異なる国の集まりであるAECの中で、チャンスを掴むには、世界言語である英語の習得が極めて重要だという意味が込められていると思います。

ヌッチ先生の英語ビデオレッスンは英語初級レベルのタイ人向けに作成されたビデオのため、英語をある程度学習した人にとって退屈な内容かもしれません。しかし、それが故にビデオで話されているタイ語の内容には特定の文法や単語が頻繁に使われており、タイ語のヒアリング学習には適していると思います。

タイ語は、日本語同様、英語からの借用語が多くある一方、発音が英語と異なるため、そのままの発音では通じないという問題があります。ヌッチ先生は周りのありふれた生活での物事に関する英単語の正しい発音をこのビデオで教えることで、英語には興味があるけど、本格的な学習をした事がないタイ人に英語学習のきっかけを与えたいのだと思います。日本人は中卒以上であれば、このビデオで紹介されているような英単語のほとんどはご存知だとは思いますが、正しい発音ができないため、英会話は苦手という方は多いと思います。そのような方々にとって、ヌッチ先生のビデオはタイ語の学習のみならず、身近な英単語や英文の正しい発音を学習するのにも役に立ちます。

さて、記念すべき1つ目のビデオの内容ですが、英語による出身国の紹介文として以下2つの文を紹介しています。
I come from Thailand.
(อาย คัม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(aai kham frɔɔm thái lɛɛn)
私はタイ国出身です。

I am from Thailand
(อาย แอม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(aai ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn)
私はタイ国出身です

ちなみに、1番目の出身地紹介文で使われている動詞comeは現在形ですが、この動詞を過去形のcameにすると、
I came from Thailand.
私はタイ国から来ました。
という(出身国とは関係ない)意味になります。

他、発音やイントネーションをネイティブに近づけるための、ちょっとしたコツも教えています。


สวัสดีคะ ทุกๆคน
sáwát dii ká thúk thúk khon
Hello, everyone!
はじめまして、皆さん。

เพจภาษาอังกฤษพิชิต AEC โดยครูนุช
pheet phaasǎa aŋkhrit phíchít AEC dooi khruu nut
English page to conqure AEC. Presented by Teacher Nutch
ヌッチ先生の英語でAECを制すヘようこそ。

วันนี้กลับมาพร้อมกับเนื้อหาแรกที่เตรียมมาให้ทุกคนได้ลองเรียน
wan níi kláp maa phrɔ́ɔm kap nɯ́a hǎa lɛ̂ɛk thî triam maa hâi thúk khon dâi lɔɔŋ rian
Today the first lesson was prepared for you to try to study.
本日の第一回目のレッスンは勉強を始めるための準備になります。

โดยจะเริ่มจากเนื้อหาที่จะทำให้ทุกคนจะสามารถนำไปใช้ในชีวิตประจำวัใน AEC
dooi rə̂əm caak nɯ́a hǎa thî ca tham hâi thúk khon ca sǎamâat nam pai chái nai chiiwít prácám nai AEC
The starting content is for everyone to be able to use English in every day's life in AEC.
この初めのレッスンは皆さんにAECでの日常で英語を使う能力を与えるでしょう。

เรามาเริ่มเรียนกันเลยนะคะ
rao maa rɯ̂m rian kan lɯi na ka
Let us start studying.
ではレッスンを始めましょう。

AEC มีสมาชิกทั้งหมด ๑๐ ประเทศ
AEC mii sǎamǎachík tháŋ mót shìp prátheet
AEC has 10 country members.
AECは10カ国のメンバーから成ります。

ขอเสนอคำศัพท์เกี่ยวกับประเทศไทยของเราเป็นประเทศแรกเลย
khǒosánɔ̌ɔ khamsap kìao kap prátheet thai khɔ̌ɔŋ rao pen prátheet rɛ̂ɛk ləəi
The first country to be presented is our country, Thailand.
まず初めに紹介するのは、私達の国、タイ国です。

คำว่าประเทศไทยภาษาอังกฤษคือ (ไท้* แลนด์) (ไท้* แลนด์)
kham wâa phrathɛɛthai phaasǎa aŋkrít khəə (thái lɛɛn) (thái lɛɛn)
Pra ted thai is (Thailand) in English.
タイ国は英語で(Thailand)と言います。

แปลว่าประเทศไทย
plɛɛ wâa prátheet thai
It calls Pra-tet-thai in Thai.
タイ語ではプラテートタイと言います。

คำศัพท์ภาษาอังกฤษต้องเน้นเสียงใดเสียงหนึ่ง
kham sap phaasǎa aŋkrít tɔ̂ŋ nɛ́ɛn sǐaŋ dai sǐaŋ nɯ̀ŋ
English word has the stressed tone.
英語はどんな単語でもアクセントを持っています。

คำที่ต้องลงเสียงเน้นหนักก็คือ คำว่า (ไท้)
kham thî thɔ̂ŋ loŋ sǐaŋ nɛ́ɛn nák kɔ̂ɔ khɯɯ kham wâa (thái)
The sound to make tone stressed is Thai.
アクセントを付けた発音はThaiです。

ฝึก อีกครั้งนะคะ (ไท้* แลนด์) (ไท้* แลนด์)
fɯ̀k ìik khráŋ ná khá (thái lɛɛn) (thái lɛɛn)
Let's practice again , (Thailand), (Thailand).
もう一度練習しましょう。(Thailand)、(Thailand)。

นุชใส่เครื่องหมายดอกจันให้ทุกคนได้เห็นแล้วค่ะ
nút sài khrɯəŋ mǎai hǎa dɔ̀ɔkcan hâi thúk khon dâi hěn lɛ́ɛ́o khá
I put the asterisk for you to see where to stress you tone.
どこにアクセントがあるのか、皆さんが分かるようにアスタリスクを書きました。

เรามาแต่งประโยคกันนะคะ
rao maa tɛ̀ɛŋ práyook kan ná khá
Let us create the sentences.
一緒に文を作りましょう。

(อาย คัม ฟรอม ไท้ แลนด์) (อาย คัม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(aai kham frɔɔm thái lɛɛn)(aai kham frɔɔm thái lɛɛn)
(I come from Thailand), (I come from Thailand)
(I come from Thailand)、(I come from Thailand)

ฉันมาจากเมืองไทย
chǎn maa càak mɯəŋ thai
I come from Thailand.
私はタイ国から来ました。

คำว่า (อาย) คะ ให้ไส่ อาร์ เข้าไป
kham wâa (aai) kha hâi sài (aa) khâo pai
A word (I), you put (AA) sound on it.
英単語の(I)の発音は(アー)から始まります。

จะทำให้เราพูดเหมือนเจ้าของภาษามากขึ้น
ca tham hâi rao phûut mɯ̌ən câo khɔ̌ɔŋ phaasǎa mâak khɯ́n
It will help us speak more like the native speaker.
そうすることで、私達はよりネイティブスピーカーに近い発音で話せます。

(อาย คัม ฟรอม ไท้ แลนด์) (อาย คัม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(aai kham frɔɔm thái lɛɛn)(aai kham frɔɔm thái lɛɛn)
(I come from Thailand), (I come from Thailand)
(I come from Thailand)、(I come from Thailand)

มีอีกวิธีหนึ่ง
mii ìik withii nɯ̀ŋ
We have another way.
もう一つの表現方法があります。

อีกประโยคที่เราสามารถพูดได้ก็คือ
ìik práyôok thîi rao sǎamâat pûut dâi kɔ̂ɔ kɯɯ
Another sentence that we can say is that.
私達が言えるもう一つの文は

ฉันมาจากเมืองไทย
chǎn maa càak mɯəŋ thai
I am from Thailand.
私はタイ国から来ました。

(อาย แอม ฟรอม ไท้ แลนด์) (อาย แอม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(aai ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn)(aai ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn)
(I am from Thailand), (I am from Thailand)
(I am from Thailand)、(I am from Thailand)

รวมเสียง (อาย) กับ (แอม)
ruam sǐaŋ (aai) kàp (แอม)
to mix the sounds of (I) and (am)
(I)と(am)の音を混ぜると言うことは

ไห้ติดมากขึ้นเพื่อที่ว่าสำเนียงของทุกคนมาจะได้เหมือนกับเจ้าของภาษามากขึ้น
hâi tìt mâak khɯ́n phɯ̂ən thîi wâa sǎmnǐaŋ khɔ̌ɔŋ thúk khon maa cà dâi mɯ̌ən kàp câo khɔ̂ɔŋ phassǎa mâak khɯ́n
is to connect them to make your pronunciation like English native speaker.
これらの発音を間を空けずにすることで、皆さんの発音をネイティブスピーカーの様にします。

(แอม ฟรอม ไท้ แลนด์) (แอม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn) (ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn)
(I'm from Thailand), (I'm from Thailand)
(I'm from Thailand)、(I'm from Thailand)

สำหรับวันนี้ให้ทุกคนทบทวน
sǎmràp wanní hâi thúk hon thóp thuan
For today, please practice.
今日は練習しましょう。

หนึ่งคำศัพท์และสองประโยคนี้ให้เก่งนะคะ
nɯ̀ŋ khamsap lɛ́ sɔ̌ɔŋ práyôok níi hâi kèeŋ ná khá
One vocabulary and two sentences.
1つのボキャブラリーに対して2つの文章です。

คือ (ไท้ แลนด์) (ไท้ แลนด์)
khɯɯ (thái lɛɛn) (thái lɛɛn)
Like (Thailand), (Thailand).
(Thailand)、(Thailand)、

(อาย คัม ฟรอม ไท้ แลนด์) (อาย คัม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(aai kham frɔɔm thái lɛɛn)(aai kham frɔɔm thái lɛɛn)
(I come from Thailand), (I come from Thailand)
(I come from Thailand)、(I come from Thailand)の様に。

แล้วก็
lɛ́ɛo kɔ̂ɔ
and
そして

(อาย แอม ฟรอม ไท้ แลนด์) (อาย แอม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(aai ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn) (aai ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn)
(I am from Thailand), (I am from Thailand)
(I am from Thailand)、(I am from Thailand)

แล้วก็
lɛ́ɛo kɔ̂ɔ
And
そして

(แอม ฟรอม ไท้ แลนด์) (แอม ฟรอม ไท้ แลนด์)
(ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn) (ɛɛm frɔɔm thái lɛɛn)
(I'm from Thailand), (I'm from Thailand)
(I'm from Thailand)、(I'm from Thailand)

พบกันใหม่ในบทเรียนหน้า
phóp kan mài nai bòot rain nâa
See you again in the next lesson
次のレッスンでお会いしましょう。

สำหรับนี้สวัสดีคะ
sǎmràp níi sawàtdii khá
Good bye for today.
では今回はここまで、ごきげんよう。


<スポンサーリンク>


関連記事
この記事をシェアする


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


このブログをフォローする
サラパオをFacebookでフォローする  サラパオをGoogle+でフォローする
Instagram
ブログ内検索
プロフィール

サラパオ

Author:サラパオ
タイで現地採用として働いています。
ニックネームのサラパオは、タイ語でまんじゅうと言う意味です。白くて丸い顔がさらぱおに似ているとタイ人に言われた事があったので、このニックネームにしました。
今後もタイで生活を続ける予定。

詳しいプロフィールはこちら

Eメール:

スマートフォン版
QR
このブログの管理人になにかあれば

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

ブロとも申請を行う

ブログ内人気記事
ブログパーツ
<スポンサーリンク>


お勧めのグルメ

お勧め記事

お勧めのタイ国内旅行先

お勧めの海外旅行先
表示・非表示切替

この機能は、「タイ語で英語レッスン」カテゴリ専用機能です。

切替後、行間詰めない

  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示

  • 切替後、行間詰める
  • タイ語発音を非表示
  • 英訳を非表示
  • 日本語訳を非表示
  • タイ ブログ ランキング

    タイ・ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

    1円は何バーツ?
    提供: ja.exchange-rates.org
    1バーツは何円?
    提供: ja.exchange-rates.org